読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある中学生の自転車日誌

当ブログにようこそ。主に自転車などのメンテナンスなどをご紹介できればと思います。

新年です。

最近…というか、自転車に関する事を全く書かないではないか。と自分でも思います。が、外の水道が使えないので、洗車もできないんですねぇ。

 


f:id:ippei0922:20170406211754j:image

 

そういや。いつだったか、最近ですが天保山に行きましたね。座面を高くしたので、直線だけは速くなりました。が、メインステージは近所の峠なのでこの自転車はさしづめ、「グランツーリスモ」といったとこですね。

 


f:id:ippei0922:20170406212025j:image

流石にタイヤだけではわからないと思いますが、次回の更新時にはご紹介しますよ。

恋愛は幸せな精神病。

『恋愛』してますか?

貴方にとって『恋愛』とはなんですか?

貴方にとって『幸せ』とはなんですか?

 

俺にとって『恋愛』とは、自分が想える相手がいることが恋愛。何もかも忘れて相手の事を考えてしまうのは恋愛をする事によって起きる精神病のようなものだと思います。

 

俺にとって『幸せ』とは自分が幸せだと想えること。

 

恋愛っていうのは「幸せな精神病」なんです。

 

俺は今が幸せだからこれ以上の事は求めない。

 

俺はいつでも俺だから、そう簡単に想い人が変わる事はない。

 

けど、お互いに今が幸せならそれ以上を求める事はない。中学生だしさ。大人になって尚お互いに好きだったらその時に初めて恋人になれれば最高に幸せだと思う。

走りの練習。〜いきなり超えるな限界〜

お久しぶりですね。1ヶ月以上空きましたが、あけましておめでとうございます。

 

今回からちょっとした新企画的なものをやります。

やはり、車にしてもオートバイにしても自転車にしても、せっかく乗るなら上手くなりたいものです。

 

ですから、「テクニック向上の控え物。」と言う事で、普段の練習、あるいはちょっとしたコツなんかを皆様に共有したいと思います!

 



f:id:ippei0922:20170129052404j:image

これは、実際にコケた写真ではありませんが、この数分前に僕は下りの左コーナーで幾つかのミスを犯してしまいました。(友達による再現画像です。)

まず、体重移動が不足していたこと。車で言う手アンダーのようなものですね。

 

次に、タイヤのキャパを超えてしまったと言う事。上手に対話できませんでした。

 

最後に、限界を一気に超えてしまったということ。これが今回で一番重要なことです。

 

まず、二輪にしても四輪にしても接地してるのはタイヤだけです。二輪の場合は2つしか接地してませんし、四輪は4つです。

 

四輪の場合はタイヤの限界を突破した時にスピン挙動が出ます。が、二輪の場合は即転倒です。

 

僕の乗ってる自転車はタイヤが700*28cというタイヤサイズですので、一般的なママチャリと同じか細いくらいだと思います。

 

ですので、接地面積の少なさからタイヤのグリップの限界は低いのです。

下の図をご覧下さい。



f:id:ippei0922:20170129053348j:image

これはタイヤのグリップについて解説した図です。「F=μmg」という至って簡単な物理の公式です。(実際、僕も覚えるのにそこまで苦労しませんでした。)

 

実際、この限界内で走れば何も無いんですけどね。

 

フロントタイヤが限界を迎えて滑り出すと外側に流れますので、アンダーステア挙動となります。逆にリアタイヤが滑り出すとリアタイヤは外側に流れ、フロントが内側に巻き込む挙動なのでオーバーステア挙動となりますね。

 

 

さて、ここで僕の練習方法をお教えします。

まず、僕の場合は徐々にペースを上げて無理をしない練習を薦めています。

 

いきなり限界を越えて走るのはバカがやることです。特に二輪という不安定な乗り物で限界を超えることは物理的な死を意味すると言っても過言ではありません。命がいくつあっても足りないので絶対に止めましょう。

 

徐々にペースを上げてライン取り、あるいはブレーキングなどや、あるいはその時々に起こるマシンの挙動なんかを徐々に掴んで、慣れていき、新たな発見をするのがモチベーション維持にも繋がりますし、何より大切な命を守る、セーフティーマージンを取るということにも繋がります。

 

何事も安全が基礎に無いと話になりません。

 

まぁ、当たり前の事しか書いていませんが、この当たり前をしっかり確認し、こなしてこそ本当のスキルアップはあると思います。

 

僕もこれから練習しながらですが、皆様の役に立つことを書ければと思っています。

 

 

読んで頂き、ありがとうございました。次回の更新がいつになるかはわかりませんが、その時まで気長にお待ち下さい。

日記7 2016.12.23

さて、こんばんは。何日ぶりの更新でしょうかね。そろそろ自転車整備の記事もあげたいので、冬休みは頑張って記事更新します。

今回は、「聖なる夜」…ではなく、日本では「♀♂性なる夜♂♀」と化したクリスマスに関するお話です。

 

と言っても、僕は「クリスマス」とは呼ばずに、「冬至」という風に言っています。

 

今回はそれに関して記事を書こうかなと思いますが、皆さんはクリスマスというと最初に思い浮かぶのは「キリスト教」などでは無いでしょうか?

 

恐らくキリスト教に関連することを思い浮かべた方が多いと思います

 

思い浮かべなかった人はケーキと女の子を食べる日…とか思ってるんではなかろうな!?性の喜びを知りやがって許さんz...(ry

 

とかどうでもいい事は置いておいて、なぜ冬至なのかというと、北欧のとある地域では冬至をお祝いするお祭りのことをクリスマスという風に呼んでいました。

 

ですが、キリスト教の勢力が拡大される事によってクリスマスが北欧での冬至を祝うお祭りではなく、イエス・キリストの誕生を祝う日という風になりました。

 

そして、そんな事は知らない日本人はお構い無しでどっか…大人の事情な建物などで大人の事情をする日になってしまいました。まぁ、お祭り大好きな民族なので騒げたらいいのでしょうが、僕は「メリークリスマス」ではなく、「メリー冬至」と、「クリスマスケーキ」ではなく、「冬至ケーキ」という風に言っています。

 

そういえば、竹田恒泰先生も22日のニコ生のおやつタイムの時に同じことを言ってましたね。同じことを考える人はいるんだな〜と思いましたが。

 

太陽暦太陰暦では冬至の時期は多少ずれますが、それでも日本人なんだからちゃんと意味を知った上で騒ぐなりしようと思いました。

 

まぁ、僕も9月生まれですが、知り合いに「9月産まれなん?じゃあクリスマスあたりに出来たんやな。」って言われたときはなんて反応しようか迷いましたが。まぁ、気にせず生きていきますよ。多分。

 

読んでいただきありがとうございます。

誤字、脱字など配慮はしていますがもしも訂正されてない箇所等ありましたら、コメント欄に書いていただけると助かります。

 

それではまた。Good Night

日記6 2016.12.15

昨日の記事の続きです。昨日の記事を読んでから今回の記事を読むことをオススメします。

 

 

さて、昨日の記事は僕がクズ人間だと言うところで終わりました。ですが、僕もRさん(相手の子)も互いに人間です。互いに食い違いもあったと思います。

 

実は以前DMで連絡を取ってLINEに移行して、DMを暫く放置して、中学に入る年の春休み(入学式前だったと思います。)にDMを確認したらブロックされててメッセージを送る事ができませんでした。

 

なぜかと聞いた時に、「一平(管理人)と絡んでるのを知られたら嫌だし」みたいな感じで言われました。その時思ったのは、絡むを知られるのが嫌なら正直言って欲しかったし、それなら絡むのをやめようと思いました。一応Rさんにも言ったのですが、「それはいい。」と言われましたのでとりあえずLINEで絡むことになりました。

 

ただ、僕にも原因はあると思ってるのでここに関しては何とも言えなかったのですが、正直そんな付き合い方と言いますか、そんな関係では長く続かないとも思いました。

 

それで、数ヶ月後に前回の記事に書いたようにメッセージを送られました。

 

正直、心が荒れてる状態で煽られて、また以前にツイッターをブロックしてきたと言うのもありましたので、直ぐに素直に謝る気にはなれませんでした。

 

本来、謝るときは文面などではなく面と向かって謝るのが正当なやり方だと思ってますし、そのやり方を試そうとしたのですがそもそも学校では無視されてしまうのでLINEというかたちにはなりましたが、謝罪文を送ったのですが、恐らくLINEもブロックされたのでしょう。既読は付かなかったので暫く放置してました。

 

そして、今年の夏まで進み、ちょうど夏風邪っぽいのをこじらせまして、気が病んでる時にちょうど同じ時期でこの事を思い出してしまい、ツイッターに書き込みました。そしたら何故か本人からいいねされて、おまけに使ってないLINEアカウントの方に「あなたには興味ありませーん。」みたいな事を送られてきて正直返せずじまいでツイッターにその事を書き込んだら向こうはその後に鍵垢にしたようなのです。その時は言いたい事があるなら直接言ったら良いのにと思い、「言いたい事があるなら直接言ったら?」的な内容をツイッター書いたのですが恐らく無視でしょう。(そもそもリプを飛ばしていないんですがね。)

 

というか、興味の無いやつのツイッターなんか見んなよと思ってしまいましたが、新手のツンデレなのかブーメランなのかどうかは分かりかねますが、もしかしたら、ツイートの内容がRさんにとっては不都合だったのかもしれませんが。

 

結局、今回この事を書いてるのもこの事で心に空いた穴を埋めたい…というか、少しでも癒えればいいなーと。自分の中に溜め込むのもどうかと思いまして、じゃあやらないで後悔するよりやって後悔した方がずっといいと思い、書きました。結局のところ自分がやった事でここまで後悔するんだなというのが今現在の考えです。

 

僕は「謝る機会があるなら謝りたいし、できる事なら以前のようにくだらない話で盛り上がったりしたい」という考えは変わっていません。別に相手を殺したいだとか、そんなことを言うつもりは更々ないですし、むしろ誠意を込めて謝罪したいです。

 

 

が…もう無理なのかもしれませんね。

日記5 2016.12.14

今回は結構管理人にとって過去のショッキングな出来事を書きます。

与太話なんで軽く流してくださいw

 

 

確か、アレは小6の修学旅行の前の席替えだった気がする。

 

実は、以前から結構可愛いなって思ってたんだけど、何の偶然なのか同じ班になった。しかも、席が隣同士なのだ。

 

俺は結構嬉しかった。

 

そして、これまたなんでか当時やってた任天堂の「Miiverse」というサービスで連絡を取ることが出来るようになった。

 

そして、そこからミナコイチャットというサイトで話すようになったり、ツイッターのDMで話すようになったり、最終的にLINEで話すようになったりした。

 

たまに喧嘩するけど、それでもすぐに仲直り出来た。

 

色々なことを話した。恋バナの相談に乗ったり、

 

はたまた、俺がその子(仮称としてRさんとします)に告白したり(振られたけど...w)

 

まぁなんやかんやで楽しい時間を過ごしたようなきがする。

 

が、去年の秋口くらい。実は精神的に追い詰められてる状態だったもので、俺がLINEのタイムラインに下らない事を書いてしまったのが原因で、サッカー部のやつとコメントで喧嘩してしまった。

 

それを見てRさんが不快に思ったらしく、LINEのメッセージにて明らかにブチ切れてる文章を残して去って行った。

 

俺は当時、同じ部活のやつと喧嘩したり、先生と口論になったり、はたまた親とも喧嘩(物理)になったりして、自分の居場所を見失っていたような...。

 

今思えば、ある意味助けてほしかったのかもしれない。ある意味、LINEのタイムラインに投稿して気を楽にしたかったのかもしれない。

 

ただ、その行動は自分の気を楽にするどころか、余計に追い詰めてしまうことになる。

 

だから、あまりのショックに実はすぐに謝ろうとしたけど、謝れなかった。

 

だから時間を置いて、気持ちが落ち着いてから改めて謝ろうと思った。

LINEのメッセージに「あのときはごめんなさい。頭冷やして考えて、俺もやりすぎたと思います。不快な思いをさせたならごめんなさい」みたいな文書を送ったような気がします。(当時使ってた携帯は機種変したので当時のキャプすら残っていません)

 

まぁ俺は人の性格のことなんて言えた口でも無いのであまり言いたくなかったですが、Rさんの今までの対応に関して疑問視してる部分があったので、素直に謝ろうという気になれなかった部分もありますが...。

 

とりあえず、ここまで見てわかるのは僕が結構クズ人間だという事ですね...(苦笑)

 

なので、僕の中ではまだRさんに対して謝りたい気持ちはあります。

 

いや、、、むしろ未だにあの時の日常が復活できればなって。くだらない話ばっかして盛り上がったあの日常。

 

なんというか、心にぽっかり開いた穴みたいなのが思い出すたびに広がる気がして、忘れたくても忘れられないんですよね。

 

どうしたら良いんでしょうか。

 

今回はここまでにしておきます。続きはまた機会があれば。

日記4 2016.12.9

すっかり2週間近くは開いてると思いますが、どうも管理人です。

 

更新が遅くなって申し訳ない←

 

今日は2つくらい書こうかなと思ってますが、まず最初にお手軽チューンナップということで、クロスバイクの前後輪リフレクターを取っ払いました。恐らく、ホイールバランスは良くなってるのではないかと思われます。

 

そして、二つ目の話題ですが、僕はかなりのホンダファンでありまして、何年も先の話にはなりますが、「バモティを作りたい」とそういうふうに思ってるわけであります。

 

ホンダの軽四にアクティとバモスがありますが、いわばこの2台は兄弟車種でありまして、HA6型のアクティトラックにバモスのバンパーをポン付け出来るようで、2シーターのバモスが手軽に作れちゃいます!

なお狭い世間ではバモスとアクティだからバモティと呼ばれているようです。

 

というわけで、バモティ計画について書いていこうかなと思います。(思い切り与太話なのですが…)

 

バモティ計画ですので、もちろんフロントバンパーにバモス用を流用します。

 

ここまでは至って普通なのですが、僕はメーターもバモス用を流用しようと思います。

というのもアクティトラックにはタコメーターが付いていないので、なるべく純正パーツでスポーティー風にしたいためバモスの後期あるいは中期辺りから流用出来たらと考えてます。

もちろん、ホイールもインチアップして足元をきゅっと締めたいと思ってます。

また、マフラーを交換したいなとも考えています。

オカルト的ではありますが、アーシングも一応やろうかなと思ってます。

プラグもNGKイリジウムプラグに。

ヘッドライトはLEDかHIDに。

濃いブラウン系の色でオールペイントを施したいと思ってます。(もしくは白色)

ステアリングはEK9用などに交換したいと考えてますが、これは別にどっちでもいいかなと言う感じです。

また、タイプR風のエンブレムを購入し、「VAMOTY TypeA」というステッカーも自作しようかと考えています。(何故TypeAかというと、Type ACTYの略だからです。)

オーディオはメカレスに。スピーカーも一応社外をつけます。

また、喫煙可のステッカーも自作します。

これで愛煙家の友達にも遠慮なく吸ってもらおうかなと。

足回りは特にいじる気はないです。

理由はダウンサスを組むと単車を運んだときに必要以上に下がってしまい、フェンダーと干渉する可能性を考慮してます。また、ダウンサスを組むにあたって、リアは板バネですので、それをひっくり返す必要もあるのでやりません。

また、テールレンズはクリア化します。確かフロントのウインカーの部分もオレンジ色のレンズだと記憶してますので、その辺も合わせて交換します。

 

一応、こんな感じですかね。コンセプトとしては、「チョイワルでキビキビ走る軽トラック」というイメージです。一応、重ステの中古車を買おうかなと考えていますが、それはその時の市場次第ですね。

 

では本日はこのあたりで、お読み頂きましてありがとうございました。次回の更新は未定ですが、頑張って更新しますので気長にお待ちください。