読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある中学生の自転車日誌

当ブログにようこそ。主に自転車などのメンテナンスなどをご紹介できればと思います。

日記5 2016.12.14

今回は結構管理人にとって過去のショッキングな出来事を書きます。

与太話なんで軽く流してくださいw

 

 

確か、アレは小6の修学旅行の前の席替えだった気がする。

 

実は、以前から結構可愛いなって思ってたんだけど、何の偶然なのか同じ班になった。しかも、席が隣同士なのだ。

 

俺は結構嬉しかった。

 

そして、これまたなんでか当時やってた任天堂の「Miiverse」というサービスで連絡を取ることが出来るようになった。

 

そして、そこからミナコイチャットというサイトで話すようになったり、ツイッターのDMで話すようになったり、最終的にLINEで話すようになったりした。

 

たまに喧嘩するけど、それでもすぐに仲直り出来た。

 

色々なことを話した。恋バナの相談に乗ったり、

 

はたまた、俺がその子(仮称としてRさんとします)に告白したり(振られたけど...w)

 

まぁなんやかんやで楽しい時間を過ごしたようなきがする。

 

が、去年の秋口くらい。実は精神的に追い詰められてる状態だったもので、俺がLINEのタイムラインに下らない事を書いてしまったのが原因で、サッカー部のやつとコメントで喧嘩してしまった。

 

それを見てRさんが不快に思ったらしく、LINEのメッセージにて明らかにブチ切れてる文章を残して去って行った。

 

俺は当時、同じ部活のやつと喧嘩したり、先生と口論になったり、はたまた親とも喧嘩(物理)になったりして、自分の居場所を見失っていたような...。

 

今思えば、ある意味助けてほしかったのかもしれない。ある意味、LINEのタイムラインに投稿して気を楽にしたかったのかもしれない。

 

ただ、その行動は自分の気を楽にするどころか、余計に追い詰めてしまうことになる。

 

だから、あまりのショックに実はすぐに謝ろうとしたけど、謝れなかった。

 

だから時間を置いて、気持ちが落ち着いてから改めて謝ろうと思った。

LINEのメッセージに「あのときはごめんなさい。頭冷やして考えて、俺もやりすぎたと思います。不快な思いをさせたならごめんなさい」みたいな文書を送ったような気がします。(当時使ってた携帯は機種変したので当時のキャプすら残っていません)

 

まぁ俺は人の性格のことなんて言えた口でも無いのであまり言いたくなかったですが、Rさんの今までの対応に関して疑問視してる部分があったので、素直に謝ろうという気になれなかった部分もありますが...。

 

とりあえず、ここまで見てわかるのは僕が結構クズ人間だという事ですね...(苦笑)

 

なので、僕の中ではまだRさんに対して謝りたい気持ちはあります。

 

いや、、、むしろ未だにあの時の日常が復活できればなって。くだらない話ばっかして盛り上がったあの日常。

 

なんというか、心にぽっかり開いた穴みたいなのが思い出すたびに広がる気がして、忘れたくても忘れられないんですよね。

 

どうしたら良いんでしょうか。

 

今回はここまでにしておきます。続きはまた機会があれば。